コンケンブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018春の飼育報告(by がしゅん)

<<   作成日時 : 2018/04/15 16:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

春ですね!
イボタ・エゾヨツの季節にも関わらずまだ採集には行けていませんが、今年も野外♀から採卵したミーハー蛾の幼虫たちを飼育しています!


〜ヒメヤママユ〜

昨年、いーぐるさん、dazai39さん、ゾンネさんとともに行った北海道遠征で得られたヒメヤママユの幼虫を飼育しています。

本当は採卵するつもりはなかったのですが、アンモニア注射したにも関わらず三角紙の中で産卵していました汗
命をつなごうという力はすごいですね……。

もちろん、ちゃんと保管し、生まれた子たちはしっかり世話をしています。

画像


現在は大半がカラフルな中齢幼虫ですが、成長が早いものはすでに「緑のたわし」になりつつあるものも!

画像


近縁のクスサンと比べると毛並がそろっていて綺麗ですね。かわいい。


〜ウスタビガ〜

昨年は、ウスタビガ狙いで秩父と高尾に赴き、それぞれ採集した♀から採卵しました。
さらに、高尾山のものは以前報告した「夕雲型」の子とそれ以外でわけて飼育しています。

画像

画像


3月中にあまり観察できなかったので自信がないですが、おそらく現在は2齢〜3齢だと思います。

「夕雲型」と通常型の子の間に今のところ特に違いはなさそうですが・・・また夕雲型が出てきてくれたらうれしいですね♪


〜フチグロトゲエダシャク〜

3月に同期のたかも酢に誘われて早春のアイドル、フッチーの探索に行き飛び回る♂を追いかけていたところ、運よく交尾シーンに遭遇!

画像
2018. 3. 4. 東京都


交尾が済むと♂は飛び立っていってしまいましたが、♀はたかも酢が回収し、その日のうちに大量に産卵したそうです。
そのうちの卵塊をいくつか分けてもらい、飼育しています。

画像


シャクガなので、フッチーの幼虫たちも尺をとって進みます。
上記のヤママユたちと比べると、フッチーの卵はかなり小さいので、孵化直後は黒い糸くずみたいで扱いに難儀しましたが、そんなフチトリムシたちもようやくイモムシらしくなってきました。



数が多いので、すでに今の段階で食草の調達が大変なのですが、イモムシたちの食欲はここからが本番。
蛹になるまで、気を引き締めてお世話していこうと思います!


〜おまけ〜

4月に入り、昨年から飼育している農工大産ヒラタくんが冬眠から目覚めています。

画像


ゼリーが減っていないので本格的な活動はまだなのでしょうが、クワガタもそろそろシーズンインですね!


それでは!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018春の飼育報告(by がしゅん) コンケンブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる