コンケンブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒメヤママユ - やままゆノートH - (by いーぐる)

<<   作成日時 : 2018/03/13 12:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

和名 : ヒメヤママユ
学名 : Saturnia jonasii Butler, 1877
分布 : 北海道, 本州, 四国, 九州, 対馬, 屋久島
寄主植物 : サクラ, クリ, クヌギ, コナラ, カエデ など

ヒメヤママユ_東京都
【成虫♂】 2013.11.2 東京都 alt.480 m

顔がとてもかわいいやままゆです!
やままゆ界の変異の王様とでも言うべきか、非常に個性豊かな種類でもあります。

ヒメヤママユ_群馬県
【成虫♂】 2016.10.27 群馬県 alt.560 m

高標高地では9月上旬ごろから、平地では11月にかけて、秋の盛りに各地で発生します。

オオミズアオやヤママユガ、ウスタビガとは異なり、平地の市街地付近では意外に見る機会が無いです。
山間部の生息地では、それこそ「湧いてる」と表現したくなるような数を見ることができるため、不思議に思っています。

ヒメヤママユ_青森都
【成虫♀】 2017.10.9 青森県 alt.670 m

♀は♂よりもボリュームがあります!
翅型は丸みを帯び、♂に比べて淡い色彩が多いです。

ヒメヤママユ_東京都
【成虫♀】 2014.10.31 東京都 alt.610 m

一番わかりやすい雌雄判別ポイントはやはり触角!
♂の触角は葉状に広がりますが、♀の触角は細長いので、すぐに判別できます。

翅の色は♂♀ともに多様です。
寒冷地では地色が薄くなり、低地ほど濃くなる傾向があるように感じます。

本種の顕著な色彩変異型として黒化型が知られています。

ヒメヤママユ_群馬県
【成虫♂ 通常型】 2015.10.2 群馬県 alt.670 m

ヒメヤママユ黒化型
【成虫♂ 黒化型】 2015.10.21 埼玉県 alt.620 m

通常は前胸前縁を白いラインが横切りますが、黒化型ではこのラインが黒くなります。
ラインの黒化に伴い、前翅前縁部も暗色化し、呼び名の通り黒っぽい印象を受けます。

ヒメヤママユ_東京都
【成虫♀ 通常型】 2016.10.10 東京都 alt.610 m

ヒメヤママユ黒化型
【成虫♀ 黒化型】 2016.10.10 東京都 alt.610 m

♀にも同様に黒化型が存在します。
♀はもともと淡い色彩の個体が多いためか、黒化型であっても、それほど黒い印象を受けません。
本当に黒いと思える♀の黒化型は稀です。。。

ヒメヤママユ黒化型
通常型 (上段) と黒化型 (下段) の♂(左側)と♀(右側)

通常型と同様に、黒化型の色彩にも豊富なバラエティがあります。
黒化型は特定の地域に多い変異と言われています。奥秩父山塊周辺では黒化型をよく見かけます。

ヒメヤママユ_北海道
【成虫♂】 2015.9.15 北海道河東郡 alt.285 m

眼状紋の大きさにも変異があります。
だいたい同じような大きさなのですが、たまに、大きく発達した眼状紋を持つ個体や、逆にほぼ消失している個体がいます。

ヒメヤママユ_東京都
【成虫♂】 2014.10.2 東京都 alt.630 m

もともと個体差が大きい種ですが、ヒメヤママユでは大きさのグラデーションから外れるような極小個体がよく見られ、特に発生初期に多いと思っています。

そのほか、前翅基部の帯模様の太さや、後翅外縁の縁どりなどに、多彩な変異があります。
色・大きさ・模様にこれだけの変異が生じるので、そっくりな個体を見つけるほうが難しいかもしれません!

ヒメヤママユ

変異を見ていると、その変異に方向性があるよう思ってしまいます。

キャプテンUの言葉を借りるならば「何によって変異が生じて、それに一体なんの意味があるのか・・・
(昆研HP活動記録2017: 「ネキ修行!〜その1〜」より)

謎は深まるばかりです!


< やままゆノート >
@ エゾヨツメ Aglia japonica
A オオミズアオ Actias aliena
B オナガミズアオ Actias gnoma
C シンジュサン Samia cynthia
D ヤママユガ Antheraea yamamai
E ハグルマヤママユ Loepa sakaei
F クスサン Saturnia japonica
G クロウスタビガ Rhodinia jankowskii
H ヒメヤママユ Saturnia jonasii
I ウスタビガ Rhodinia fugax
J ヨナグニサン Attacus atlas

< 飼育記 >
・オオミズアオ飼育記 Actias aliena
・シンジュサン飼育記 Samia cynthia
・クスサン飼育記 Saturnia japonica
・ウスタビガ飼育記 Rhodinia fugax

< その他 >
・ やままゆ展翅
・ 似て非なるもの 〜オオミズアオ - オナガミズアオ〜
・ クスサン大量発生!!


※本記事の学名表記は以下を参照しています。
岸田康則, 2011. 日本産蛾類標準図鑑(I), 352pp. 学研教育出版.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒメヤママユ - やままゆノートH - (by いーぐる) コンケンブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる